アーティスト

山下 和也 YAMASHITA Kazuya(日本画家・東洋絵画修理技術者)

1978年 大阪生まれ 神戸市塩屋在住
2003年 京都嵯芸術大学(現・嵯峨美術大学)芸術附属文化研究所研究生(日本画・古画研究)修了
2003〜16年 国宝修理装潢師連盟、㈱坂田墨珠堂にて文化財修復に従事。
2016年〜 国宝修理装潢師連盟外部技術登録者

主な個展
2019年「私たち-behind our perspective」Gallery PARC(京都)
「うつろう光、しずかな影」Lights Gallery(愛知)
2017年「水墨画一淡墨と余白の美」無印良品グランフロント大阪店(大阪)
2015〜16年「松風」雅景錐(東京/京都)
2013年「Relation」雅景錐(京都)
2012年「寒山拾得」雅景錐(京都)
2011年「山下和也展 絹に描く3」数寄和(東京)数寄和大津(滋賀)
2010年「mirror image」名芳洞blank(愛知)

主なグループ展
2020年「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」
C.A.P.のメンバーとして「六甲イカスヴィラ」に参加(兵庫)
   「破墨プロジェクト ONE DAY」KOBE STUDIO Y3別館(兵庫)
2019年「C.A.P.25周年記念 私と私たち」KOBE STUDIO Y3(兵庫)
   「アーティスロングの魔法」Gallery ARTISLONG(京都)
2019年「破墨プロジェクトExhibition」KOBE STUDIO Y3(兵庫)
2018年「See Saw Seas Effect “Moi Moi Konnichiwa”」Titanik gallery(トゥルク/フィンランド)
   「日本水墨画大賞展2018」尼信会館(兵庫)
   「KAVCアートジャック」神戸アートビレッジセンター(兵庫)*破墨プロジェクトで参加
2016年「感誰2016」アートスペース感(京都)
2015年「速度の表面」雅景錐(東京)
2013年「mujikobo contemporary×gimlet contemporary」mujikobo(神奈川)
   「黒の美学-前衛と寫実」雅景錐(京都)
2007年「日本画滅亡論」中京大学アートギャラリー・Cスクエア(愛知)
2005年「日本画ジャック」京都文化博物館(京都)

主なワークショップ
2018年「日本画をモノマネする」神戸アートビレッジセンター(神戸)
2017〜2018年「紙本・絹本文化財材の保存と修復」ベルリンアジア美術館(ベルリン/ドイツ)水墨画担当
2017年「アート林間学校2017 日本画の修復家に弟子入り!」KOBE STUDIO Y3(兵庫)
2016年「玉堂に倣う一模写で知る浦上玉堂の魅力」千葉市美術館(千葉)特別展関連企画
2002〜19年「にほん画に挑戦!」京都市学校歴史博物館(京都)

主な執筆
2020年 冊子「破墨プロジェクト」発行/破墨プロジェクト
2018年 報告書『ワークショップ 「紙本・絹本文化財の保存と修復2018」 』
    紙本・絹本文化財の材料と技法ー水墨画ーpp.18-23 発行 / 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所
2017年 報告書『ワークショップ 「紙本・絹本文化財の保存と修復2017」 』
    紙本・絹本文化財の材料と技法ー水墨画ーpp.18-31、水墨画pp.32-37 発行 / 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所
2009年 寄稿「日本画のいろは」 美術屋百兵衛第9号 pp.126-137 発行 / 麗人社

主なパフォーマンス
2019年「shibayamashitakayasu.1~4」KOBE STUDIO Y3 別館(兵庫)破墨プロジェクト   
「yamashitakayasumimo」KOBE STUDIO Y3 別館(兵庫)破墨プロジェクト
   「yamashitakayasumino.5」KOBE STUDIO Y3 別館(兵庫)破墨プロジェクト
2018年「yamashitakayasumino.1~4」KOBE STUDIO Y3 別館(兵庫)破墨プロジェクト
   「Moi Moi Konnichiwa Live drawing」Titanik Gallery(トゥルク/フィンランド)*美術家・池原悠太と共作 

その他(主な企画、イベントなど)
2020年「[m@p] meet @ post:2nd.group」Gallery PARC(京都)
2019年「破墨プロジェクトStudyシリーズ.5~11」KOBE STUDIO Y3(兵庫) 
   『ヒトコマパルク「破墨プロジェクトってなんですかね?」』Gallery PARC(京都)
2018年「破墨プロジェクトStudyシリーズ.1~4」KOBE STUDIO Y3(兵庫) 

主な受賞歴/助成
2020年 文化庁 文化芸術活動の継続支援事業(補助金採択)
   こうべ文化芸術活動応援事業「頑張るアーティストチャレンジ事業」(補助金採択)
2019年 神戸文化支援基金(助成金採択)
2018年 UNKNOWN ASIA 2018レビュアー鈴木結加里賞、松尾恵賞
   日本水墨画大賞展2018サントリー賞

アーティストイン・レジデンス
2018年「See Saw Seeds Effect“Moi Moi Konnichiwa”」Arte ryより招聘(トゥルク/フィンランド)

出版
2020年「破墨プロジェクト」発行/破墨プロジェクト 編集/櫻井拓 デザイン・印刷設計/芝野健太

クライアントワーク
2019年「小丸屋住井うちわ」掲載用うちわ絵制作(小丸屋住井/京都)
2017年「花曼荼羅天井画板絵プロジェクト」大覚寺蓮華院(京都)
   「株式会社箔一 40周年記念あぶらとり紙美人画原画制作」株式会社箔一(石川)
   「Pampshade 制作工程イラスト原画」Pampshade(兵庫)
2005年「店舗用墨画制作」Café Branche(滋賀)
   「いけばな稽古場襖絵十二面」榎邸(滋賀)


日本、中国の古典絵画の模写と文化財修復で培った技術と経験をもとに、日本の歴史、文化、思想を顧みながら、伝統芸術と現代芸術を捉えなおす作品、絵画を制作する。
近年は日本の水墨画の歴史の考察から、目には見えないけはいのようなものを、淡墨と僅かな筆致、余白によって表現する「罔両画(もうりょうが:Ghost style painting)」や、
2018年からKOBE STUDIO Y3を拠点に、日本画家、神楽舞手、美術家、ファッションデザイナーの4名を中心に活動する異分野共同プロジェクト「破墨プロジェクト(はぼくぷろじぇくと:haboku project)」を企画し、
レクチャー、ワークショップ、パフォーマンス、展覧会、出版などを行なう。

http://kazuyayamashita.com
Facebook:yomoyamabox
Instagram : yomoyamabox

破墨プロジェクトFacebook:habokuproject