KOBE STUDIO Y3 オープンスタジオ事業への参加アーティスト募集

◆ KOBE STUDIO Y3は、C.A.P.が運営するアートプロジェクトです。

◆ ここでは様々なアーティストがスタジオのドアを開け、市民に向けて制作活動を公開しています。

◆ またこのスタジオ・アーティスト達を中心に、ワークショップや展覧会などのプログラムも実施しています。


【名称】KOBE STUDIO Y3 オープンスタジオ(コウベスタジオ ワイスリー オープンスタジオ)
【設備】利用時間:9:00~22:00(21:30 退出)月曜休館、祝日の場合は翌日に振替
• 個室スタジオ:床面積約29㎡、高さ約2.5m、全部で12室
•各部屋に 机、椅子、LANコンセントあり
• 駐車場あり(18時まで)、エレベーターあり
• 食事エリア、ミーティングエリアあり
• 別館・工作棟(広い多目的スペース、木工室&クレイスタジオ)へのアクセス有り

【特徴】
• スタジオと同フロアにギャラリースペースが2つあり(Y3ギャラリー)、そこではC.A.P.が企画運営する展覧会やアート・イベント、ワークショップ、講座などが常時進行しています。これらへの企画や参加も歓迎します。
• 個室スタジオは12部屋あり、ほかのアーティストとのコラボレーションや情報交換も図れます。またC.A.P.自体が様々なアーティストやアート関係者のコミュニティーであるため、制作だけにとどまらず幅広いアート環境です。
• C.A.P.事業の中には海外のアートコミュニティーとの共同プロジェクトもあり、海外アーティストとの交流も図れます。

【目的】
C.A.P.は、芸術とは完成した作品だけではなく、芸術家の考え方や作品の完成に至るまでのプロセスをも芸術活動ととらえます。この理念のもとアーティストの制作場所やそこでの活動を公開し、市民にギャラリーや美術館では知ることのできないアーティストの日常的且つ多様な創造性に触れてもらうため、Y3スタジオを運営しています。また様々なアーティスト同士が互いに刺激し合える環境を作ることで、地域とアートコミュニティーの活性化を目指しています。こうした理念に賛同し、ともにY3スタジオを作り上げてくれるアーティストを募集しています。

【期間】4月から翌年3月の12ヶ月
【対象】18歳以上のアーティスト
【委嘱内容】
• 本プログラムの趣旨・目的を理解し、アーティストとして所定のスタジオを使用し継続的に制作活動を行う
• 制作活動は当センターの開館時間内に行い、誰でも見学できるようにスタジオのドアは常に開けておく(本人が不在の時も含む)
• 来館者、訪問者には積極的に声をかけ芸術への興味関心を深めてもらうよう務める
• 年に一度のスタジオアーティスト全体のイベントに参加(グループ展及びトークイベントなど)
• 必要に応じてアーティスト・トークに参加
【Y3スタジオ・ミーティング】
スタジオアーティスト間のコミュニケーションを図り、オープンスタジオ全体に関わる事項(共同企画や共有施設使用上の役割分担など)を話し合います。定期的に行いますので出席してください(年度始めにスケジュールを決めます)。
【スタジオ連絡協議会費】月額15,000円

【備考】
• 委嘱内容が著しく実行されていないと事務局が判断した場合、委嘱を中止する場合があります。
• スタジオは本事業の会場であり、アーティスト個人の専有権や居住権は発生しません。
• 開館時間や禁止条項などセンターの利用条件に従い、センター全体の円滑な運営に協力すること。
• 委嘱期間中にスタジオで起きる一切の事柄についてC.A.P.は責任を負いません。
• 委嘱費の支払いはありません。
• 委嘱期間中にやむをえず退出する場合は二ヶ月前に事務局に申しでてください。
• 事業内容は予告なく変更となる場合があります。
• 退出時は原状復帰してください。

【応募の方法】
興味がある方はまずY3スタジオに見学に来てください。正式応募は応募フォームを12月15日までに下記のアドレスまでEmailか郵送にてお送りください。応募フォームは下記よりダウンロード、または見学の際に事務局でお受け取りください。

【送付先】2022年12月15日(木)必着
郵送の場合:C.A.P.(芸術と計画会議)事務局
650-0003  神戸市中央区山本通3-19-8海外移住と文化の交流センター内
※封筒に「Y3オープンスタジオ応募」と記してください

Email の場合:件名に「Y3オープンスタジオ応募」と記してinfo@cap-kobe.comまでお送りください

【選考基準】
C.A.P.の理念と運営方針に照らし合わせ、創作活動の経歴や、Y3スタジオアーティストとしてこのオープンスタジオ事業に対する取り組みの独創性、成長・発展のポテンシャルなどを考慮し選考します。
【選考方法】1次審査は書類審査(応募フォームと作品サンプル画像による)、2次審査は面接(1月中旬)
【選考メンバー】
C.A.P.代表:下田展久/C.A.P.事務局:高橋怜子
Y3スタジオ委員会:浦田さおり(アーティスト)、 川口奈々子(画家)、柴山水咲(美術家)、築山有城(彫刻家)、まえしま須美(アーティスト)


C.A.P.とは
1994年に設立された現代アートの非営利団体。「The Conference on Art and Art Projects」の略で、神戸を拠点に文化芸術活動を推進。2009年からは海外移住と文化の交流センターにおいて当センターの共同指定管理者としてその活動を続けている。
詳しくはC.A.P.とはまたはこれまでの活動をご参照ください。

運営/活動内容例:
指定管理事業;KOBE STUDIO Y3 オープンスタジオ、アート林間学校、展覧会、スタジオ306、工作棟とC.A.P.クレイスタジオ
自主事業;See Saw Seeds Effect(海外アート組織との共同プロジェクト)、神戸文化祭、C.A.P.のこれからプロジェクト、その他各種イベント、セミナーなど



【お問い合わせ】C.A.P.(芸術と計画会議)事務局
650-0003 神戸市中央区山本通3-19-8海外移住と文化の交流センター内
phone/fax:078-222-1003 email:info@cap-kobe.com
URL:https://www.cap-kobe.com/(10:00~19:00 月曜休館)