KOBE STUDIO Y3

KOBE STUDIO Y3は、C.A.P.が運営するアートプロジェクトです。

KOBE STUDIO Y3

KOBE STUDIO Y3は、C.A.P.が運営するアートプロジェクトです。

イベント情報

KOBE STUDIO Y3で開催するイベントについての情報です。

月別カレンダー

イベント一覧

日々の様子

KOBE STUDIO Y3の日々の様子をFacebookとInstagramからお届けします。

Facebook

Facebook

FacebookでY3の様子やコラムを掲載しています。

Facebook Posts

1 week ago

C.A.P.
6/26(水)は「これからの日本画の鑑賞講座/日本画を再発見するためのお話とワークショップ」4月の開催に続いて2回目の開催となる今回のテーマは「菱田春草は日本画家なのか?」をテーマに、菱田春草を取り上げます。講師は、日本画家で東洋絵画修復技術者でもある山下和也さん。昨年度まではKOBE STUDIO Y3のスタジオアーティストとしても活動をしてくださっていました。開催日時は6/26(水)の13:00〜15:30ですが、準備もあるため要予約。締め切りは1週間前の6/19(水)になっています。すでに定員の半数が埋まっているとのこと。興味のある方は、専用の申し込みフォームまで早めにお申し込みください。Instagramからは、プロフのURLからKOBE STUDIO Y3のWebサイトへ進んでいただき、「広がりの灯し」のイベントページに入っていただくと申し込みフォームがあります。ーーーーーこれからの日本画の鑑賞講座 -日本画を再発見するためのお話とワークショップ-開催日:6月26日(水)13:00~15:30講師:山下和也(日本画家、東洋絵画修理技術者)定員:10名程度参加費:¥5000場所:海外移住と文化の交流センター KOBE STUDIO Y3 3階 306室当日の準備:本講座で使用する画材は貸出しますので、特に必要ありません。持ち帰れるもの:⓵日本画鑑賞ガイド-菱田春草編(講師が本講座用に資料として作成) ➁ワークショップ成果物対象:日本画に興味のある方、日本画の見方について興味のある方、 日本美術史や伝統文化に興味のある方 、日本画初心者、日本画をはじめたい方、日本画の画材や技法に興味のある方申込締め切り:6月19日(水)までに電話またはお申込みフォームからお申し込みください。お申し込みフォームdocs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfKqzw8t-q2tbXZ-Xflua8auvwsSq_BINplnGY4gcYF6sYpNA/viewform?usp=p...電話でお申し込みの方は、以下の項目を全てお伝えください。tel: 078-222-0003 (C.A.P.事務局)======a.名前 b.フリガナ c.電話 d.メールアドレス e.本講座を何でお知りになりましたか。 f.日本画または絵画制作経験の有無 g.参加の目的======本講座のSTUDYポイント ・菱田春草の絵画における空間表現について考える-朦朧体から日本画壇史上の傑作「落葉」について・近代日本画における春草-この人の何が凄いのか ・日本美術史における春草ー過去の日本絵画とのつながり ・実物でぜひ見てほしい春草のこだわり-画家から見た春草・美術館「えき」KYOTOで開催中の「菱田春草と画壇の挑戦者たち」(5月25日~7月7日)をより深く楽しむ本講座のPLAYポイント ・ワークショップ:日本画の絵具の性質の違いの体験から春草および日本画の絵具による表現を考える(日本画の絵具として使用される染料系絵具、土性絵具、新岩絵具、西洋顔料などを実際に使い比べてみます。)*絵具の使用する種類が多いため、少し参加費が上がっています。講師:山下和也(日本画家、東洋絵画修理技術者) 大阪出身神戸在住。大阪市立工芸高校美術科で日本画を学び、日本画のわからなさに沼る。京都嵯峨芸術大学古画研究室で平安仏画、中国絵画の模写などを通じて東洋の古典絵画を研究。大学卒業後、現場で直に古典絵画に触れることが出来る文化財修復の仕事に携わりながら、現在は東洋の書画を起点に伝統芸術と現代芸術を捉えなおす作品の制作、活動を行なっている。#山下和也@yomoyamabox #アート#art #cap_kobe#kobestudioy3#日本画#日本画を学ぶ #これからの日本画の鑑賞講座#菱田春草 ... See MoreSee Less
Facebookで見る

2 weeks ago

C.A.P.
来週6/16(日)は展覧会「広がりの灯し」の関連イベント「ポイントワークショップ「点を灯す」。展覧会に参加する6名のアーティストが、それぞれの作品制作のエッセンスから短いワークショップを考案。それをリレーのように繋いだプログラムになっています。今回の展覧会では、アーティストたちが普段から作っている自分の作品を展示するだけでなく、お互いへの指示書を通していままでとは違う発見を探す、新しいアプローチを試みてくれました。そうした企画主旨をより実感的に体験してもらえる場になっています。実はこのワークショップ、ほぼ定員が埋まっているそうなのですけども、少し枠を拡張してまだ数名の受け入れができるのだそうです。興味のある方は、申し込みフォームまで早めにご応募ください。(Instagramからは、プロフのURLからKOBE STUDIO Y3のWebサイトへ進んでいただき、「広がりの灯し」のイベントページに入っていただくと申し込みフォームがあります。)ーーーーー関連イベント:ポイントワークショップ「点を灯す」6.16(日) 14:00〜17:00(途中休憩あり)参加費:¥1,000このイベントでは、6人の作家それぞれの制作過程を照らすポイントを、6つの小さなワークショップを通して体験できます。一緒に作品を見て制作や作品のお話をしながら、見つめたり、線をひいたり、名付けたり。出来上がった小さな作品たちを持ち帰れます。ぜひご参加ください。ワークショップのお申し込みフォームはこちら↓docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScG2ypknC9Aqp6yzGYZkPihPVmz8aSu0xKLDIojnDFu4lrDPQ/viewform?pli=1ーーーーー展覧会「広がりの灯し」6.4(火)-6.23(日)10:00〜19:00(月曜休館、最終日は16:00まで)出品者:川口洋子、上坂秀明、寳田海奈、武田紗也加、深川未貴、前田真喜この展覧会では、6人が各々の ”作る動機” を制作の手順として書き起こしたものを交換しあい、それらをもとに作った作品を、普段の作品と一緒に展示します。誰かの心と体が動くきっかけを知ることは、次の一歩を照らす灯しの様です。それは会場となるこの場所から、かつて移民として未知の場所へと踏み出した方達の広い海を渡る一歩に通じるでしょうか。船旅に備える為に船と似せた構造のこの場所が、共に未知の広がりの中へと進んでいく場となれば、そして見て下さった方の灯しを見つけるきっかけとなればと思います。#川口洋子 @y0k0kawaguchi #上坂秀明 @kosaka.hideaki #寳田海奈@takaradamina #武田紗也加@s_t___k #深川未貴@fukagawa46 #前田真喜@omaedao #アート#art #cap_kobe#kobestudioy3#海外移住と文化の交流センター ... See MoreSee Less
Facebookで見る

スタジオアーティスト

KOBE STUDIO Y3で活動中のアーティストをご紹介します。

銅金 裕司  DOUGANE Yuji (バイオアーティスト)

銅金裕司(どうがねゆうじ) 1957 年神戸 […]

磯崎たまな ISOZAKI Tamana(俳優)

磯崎たまな ISOZAKI Tamana兵庫 […]

程亮介 TEI Ryosuke(ペインティング)

程 亮介/Tei大阪生まれ 神戸育ち多摩美術 […]

池原 悠太 IKEHARA Yuta(ヴィジュアルアート)

私は作品制作において、再生をテーマとしていま […]

河村啓生 Kawamura Norio (立体造形)

美術家、華人(草月流師範)、ときどき編集者。 […]

池田圭 IKEDA Kei(染色)

1985年 宮崎県生まれ大阪育ち2010年 […]

C.A.P.からのお知らせを受け取りたい方はこちら

お名前 メールアドレス