C.A.P.(芸術と計画会議)は営利を目的としない、文化活動を推進する組織です。
神戸を拠点として社会とアートを繋ぐ様々な活動を行っています。

C.A.P.が運営しているプロジェクト

KOBE STUDIO Y3は、神戸市立海外移住と文化の交流センターでC.A.P.が運営するアートプロジェクトです。 ここでは、様々なアーティストがスタジオのドアを開け、活動を公開しています。またこのスタジオのアーティストたちを中心に、ワークショップや展覧会などのプログラムも実施しています。

ドバイのタシキールスタジオ、ハンブルグのゲンゲフィートル、トゥルク(フィンランド)のビデオカフェ、そして神戸のC.A.P.(特定非営利活動法人 芸術と計画会議)。See Saw Seeds は、それぞれ地域でアートコミュニティーを形成するこれらの組織が、アーティストやリサーチャーを交換して行なったプロジェクトです。

おしらせ

C.A.P.からのおしらせです。

日々の様子

日々の様子をFacebookとInstagramからお届けします。

Facebook

Facebook

FacebookでY3の様子やコラムを掲載しています。

Facebook Posts

1 week ago

C.A.P.
本日予定しておりました「スタジオビジット」は、都合により中止となりました。新しい日程が決まり次第お知らせさせていただきます。昨日からの寒波でY3周辺はまだ雪も残っております。みなさま引き続き安全第一でお過ごしください。 ... See MoreSee Less
Facebookで見る

2 weeks ago

C.A.P.
C.A.P.サポーティングメンバーシップマガジン「capsule」Number03 発刊のおしらせ神戸近辺のアートをめぐる話を、生活者の視点に寄り添って紹介する冊子「capsule:キャプスル」この度、第3号を発刊しました。今号では、KOBE STUDIO Y3の近くにできた、アーティストのための滞在施設「AiRK」が巻頭記事になりました。発起人であり俳優/ダンサーの森山未來さん、運営に当たっている神戸フィルムオフィスの松下麻里さんからもご寄稿をいただき、いろんな目線から北野のことが語られています。「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」で3年越しのプロジェクトとして実現できた、フィンランド、ビデオカフェによる彫刻作品「FUNGI LUCIFERIN」の裏話も知っていただける内容になっていますよ。<第3号 コンテンツ>Kobe Art Venues;神戸の魅力的なアートサイト「AiRK|アーティスト同士が交流し、様々な表現が行き交う「AiRK」から生まれる新たなアートシーン」寄稿:森山未來、松下麻理Art In May Life;アートと共にある生き方、生活を紹介「中川博志/HIROS|GDPの外をめぐる作品たち」capsule Gallery;見開きページを使った表現の場「"all the others" 池原悠太」See Saw Seeds News;海外からのおたより「FUNGI LUCIFERIN」寄稿:Mark MANDREASPreview;アーティストのこれからにスポットをあてる「吉村宗浩|オーソドックスを突き詰めて今までにない絵を人に見せたい」MACHINETA A Local Mini-guide;楽しい!面白い!意外なご近所紹介「VILL | a small place」Let’s Go Tank;マスダケイコのシュールなマンガ「rain」----------------capsule 第3号2023年1月発行定価 500円編集長:河村啓生編集スタッフ:デイビッド・アトウッド/有吉結子/下田展久/田岡和也/高橋怜子/藤墳智史/もりのぶこ翻訳:デイビッド・アトウッド/下田展久デザイン:nibit designロゴデザイン:マスダケイコ表紙写真 AiRKからの眺め:川本まい発行:C.A.P.(特定非営利活動法人 芸術と計画会議)----------------C.A.P.サポーティングメンバーシップにご参加いただいているみなさまには、間もなくお届けいたします!どうぞお楽しみに。購入を希望される方はC.A.P.事務局までお問い合わせください。また、神戸市内では以下のギャラリー、書店でもお買い求めいただけます。capsule取扱スポット<国内>ギャラリー島田/自由港書店/1003/ワールドエンズガーデン/花森書林/うわの空美術館/風文庫<海外>Galerie Herold, Bremen/Gängeviertel, Hambrug===========================問合せ:C.A.P.(特定非営利活動法人 芸術と計画会議)神戸市中央区山本通3-19-8 海外移住と文化の交流センター内tel&fax:078-222-1003 (10:00-19:00 月曜休館)info@cap-kobe.com#キャプスル#cap_kobe#kobestudioy3Airk - Artist in Residence KobeVideokaffe ... See MoreSee Less
Facebookで見る

C.A.P.からのお知らせを受け取りたい方はこちら

お名前 メールアドレス